WiMAXとは何なのか?初めての方でもわかる6つの魅力をご紹介!

更新日:

近頃、WiMAX(ワイマックス)の人気がものすごいですね。会社に行ってもショッピングに出かけても、至るところでWiMAXの電波が飛んでいて驚きです。

別に宙を見て「ここWi-Fi飛んでんな」とか言ってるわけじゃないですよ?ちゃんとiPhoneのWi-Fiを選ぶ画面で確認してるので距離を置かないでくださいお願いします。

こんな方に読んでほしい!

  • WiMAXってよく耳にするけど、どんなものかよくわからない。
  • 興味はあるけど初めてだしWiMAXの良さが知りたい。

このような方の悩みや疑問を解決していくWiMAX入門編の記事となっておりますので、よければ参考にしていってください。

WiMAX(ワイマックス)とは?

まずは根本的な部分からお伝えしていきましょう。

WiMAXというのは、一言で言うと外に持ち運べるWi-Fiです。小さな端末がWi-Fiを発するので、ポケットやバッグに入れておけば、外出先でもインターネットが使えるという便利な代物です。

スマホより若干小さいくらいのサイズだから邪魔になりません!

デザインも美しいので女性にもおすすめだよ。

ユーザーとしてリアルに感じたWiMAXの6つの魅力

WiMAXのこんなところが凄いんだよ!こんなお得なポイントがあるんだよ!といった魅力を、実際にWiMAXを使っている私の意見を混じえてお伝えしたいと思います。

「回線工事不要!即日配達!高速通信が可能!」なんて在り来たりなことはホームページを見ればわかりますので、ここでは自分の"使用感"をメインで書いていきます。

プロバイダが豊富

WiMAXを取り扱っている大もとはUQ WiMAXですが、その他にも10以上ものプロバイダが存在します。

端末の性能や対応エリアはどこでも同じですが、料金プランやキャンペーン、サポートオプションなどが違ってきますので、自分に合ったプロバイダを選ぶことができます。

選択肢が多いのは嬉しいことだね。
私ならコストがかからないところを選ぶかなぁ。

実は高速通信じゃなくても速い

どのプロバイダを見ても、WiMAXの魅力の一つに「下り最大708Mbps!」とドーンと書いてありますが、実は最大速度はエリアが限られているので、ほとんど出ることがありません。

最高速度が出るのは東京都、愛知県、大阪府の一部エリアと決められているんだよ!

それなのにWiMAXの面白いなぁと思ったのが、最高速度なんか出ないのに充分過ぎるほどに快適な通信ができるというところです。

数値で言われてもピンとこないと思いますが、私の地域なんか普段は10~20Mbps、良くて30Mbps、稀に50Mbpsまで達することがありますが、最高速度と比べるとどれもショボいものです。これを見てもらうと一目瞭然だと思います。

比較するとわかりやすいので、Wi-Fiを切った状態(au LTE)の速度も計測しています。

SPEEDTESTで測った結果だね。LTEとの差は歴然ですな。

もちろんこれはあくまで私の住む地域での結果ですので、他の場所ではまた違った結果になるということを誤解しないようにお願いします。

一番上にある0.93Mbpsという結果がありますが、それはこの記事を書きながら測った時に出た過去最低の数値です。(笑)

速度制限にかかっていたので仕方ありませんが、せっかくなのでこの状態でいろいろ実験してみました。

googleでの検索 1秒未満
検索結果からサイトを開くまで 約5秒
YouTubeでの動画再生 始まるの一瞬、その後止まることなし
アプリのインストール(妖怪ウォッチワールド) 12分43秒

アプリのインストールには結構時間がかかりましたが、検索や動画視聴がこれだけスムーズにできるなら、この程度の通信速度でも十分に快適だと私は感じました。

端末デザインがカッコ可愛い

WiMAXの端末デザインが近年どんどんオシャレになってきています。現在取り扱っている端末はどれもシャープな形に爽やかなカラーで、かなり見栄えのいい仕上がりになっているので、男性にも女性にもウケがいいんじゃないでしょうか?

個人的にはW05のデザインがたまらなく好きです。

対応エリアが広い

WiMAXは、日本中どこでも使えるというわけではありませんが、全体的に見てみると、WiMAXが使える範囲の方が圧倒的に多いです。

山のある一帯はさすがにエリアから外れていますが、それ以外はほとんど使えるでしょう。

どうやったら対応エリアがわかるの?
サービスエリアマップを見れば一目瞭然だよ。

サービスエリアマップには「ピンポイント判定」といって、住所からエリアの判定をしてもらうこともできます。際どいエリアに住んでいる方などにオススメです。

バッテリーが多い(充電がもつ)

外に持ち運べるWiMAXだからこそ、バッテリーの容量は重要です。

せっかく外でもWi-Fiが楽しめるのに、1時間や2時間で充電が切れては興醒めですよね?

ですが心配ご無用、WiMAXなら最大13時間(WX04)という超長持ちバッテリーなので、しっかり家で充電しておけば外で充電切れになることはないでしょう。

その秘密は、単にバッテリー容量が大きいだけでなく、スマホでお知らせ機能・切り忘れ防止タイマーといった賢い機能がWiMAXには備わっているからなんです。

私よりもずっと賢い…!おそるべしWiMAX。

Wi-Fi接続がラクにできる

WiMAXはありがたいことに、一度繋いだ端末には次回から自動で接続される仕組みになっています。

1回目に接続するときは、WiMAXの端末を見ながら長ったらしい英数字のパスワードを入れなければいけませんが、それさえやってしまえばあとはWiMAXの射程圏内にいるだけで大丈夫です。

ちなみにWiMAXの電波の有効半径は約10mだよ。
結構遠くまで届くんだね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAX入門編の記事なんて言いながら個人的な意見が強めの記事になってしまいましたが、これが実際にWiMAXを使っている私のリアルな感想です。私もWiMAXを使い始めて1年以上が経ちましたが、振り返ってみてやっぱり買って正解だったなって思います。

こうして記事が投稿できているのもWiMAXのおかげなので、リアルタイムで感謝ですね、ほんとに。(笑)

もしあなたも契約されるのであれば、焦らずに対応エリアの確認プロバイダの下調べはしっかりしておくことをおすすめします。

-WiMAX基礎知識

Copyright© BroadWiMAX評価!実際に使用した感想やメリットをご紹介 , 2020 AllRights Reserved.