WiMAXのプロバイダによる違いを解説!自分に合ったプロバイダ選びをしよう!

更新日:

WiMAXには数々のプロバイダがあるというのはご存知ですか?

同じ「WiMAX」という商品、サービスにもかかわらず、プロパイダによっていろんな違いがあって非常に面白いものです。

今回は、そんなWiMAXを取り扱っている「プロバイダの違い」を解説していきますのでよかったら参考にしてみてください。

プロバイダってなに?

まず、「プロバイダ」という言葉の意味から説明していきます。

プロバイダという言葉は、「インターネット接続業者」という意味を持っており、WiMAXにおいてのプロバイダはわかりやすく言うと、「UQWiMAXの回線を借りてWiMAXサービスを提供している業者」を指します。

WiMAXの本家本元は「UQWiMAX」

本来WiMAXは、CMでもお馴染みの「UQコミュニケーションズ」が提供しているサービスです。

そのUQコミュニケーションズが、様々な「MVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)」にWiMAXネットワークを開放しているので、いろんなプロバイダがWiMAXを取り扱えているというわけです。

UQなくしてプロバイダは成り立たないということですね。

MVNO一覧

以下がWiMAXを取り扱っている主なプロバイダになります。

知っている会社が意外と多くて、「この会社WiMAX扱ってたんだ!」ってなりますよね。

個人的なイメージでは、BroadWiMAX・とくとくBB・BIGLOBE・So-netあたりがWiMAXの主流だと思っています。

全てのプロバイダに共通すること

UQWiMAXを選ぼうが、BroadWiMAXを選ぼうが、どのプロバイダを選んでも変わらないのが以下の2つです。

全プロバイダの共通点

  • 端末(機種や性能)
  • 回線(通信速度や対応エリアなど)

安く利用できるプロバイダは、端末もちゃちなものしかよこさない…なんてことはありませんのでご心配なく。端末はどこで選ぼうがUQWiMAXで買うのと同じものが届きます。安かろう悪かろうだと絶対買いたくないですもんね。機種に関しても、UQWiMAXが新機種を発表すれば、遅れることなく他のプロバイダでも同時に発売されます。

ただ、古い機種に関しては、プロバイダによっては取り扱いが終了している場合もあります。例えば、UQWiMAXだと少し古い機種もまだ残っていますが、私が契約しているBroadWiMAXは最新機種しか扱わない傾向があります。「古い機種がいい!」なんて人はなかなかいないと思いますのでそれでも問題ないでしょうけどね。BroadWiMAXのように端末代が0円のところも多いので、それでも古いのを選ぶとすればデザインがよっぽど気に入ったくらいでしょう。

回線に関しても、先ほど言ったようにUQWiMAXが各プロバイダにWiMAXネットワークを開放している形なので、当然通信速度も対応エリアもUQWiMAXと同じです。

プロバイダごとに異なるサービス

では、プロバイダによって違いがでるのは、一体どんな部分なのでしょうか?一つずつ説明していきますね。

料金が違う

何を契約するにしても、一番気にするのが「料金」ですよね。

初期費用、端末代、月額料金、解約金…などなど。月額料金で言えば、安いところでだいたい月々2,500~3,000円。ちょっと高いのだと4,000円を超えてきます。一つのサービスを利用するのに、いろんな種類のお金を払わないといけないので、私たちユーザーからすれば極力安くしてほしいのが本音ですが、向こうも商売ですので駄々をこねたところで料金は変わりません。

なるべく安いプロバイダを探して契約するというのも一つの手です。

キャンペーンが違う

キャンペーンというのは、「うちで契約してくれたらこんな特典が付きますよ!」という魅力的なサービスです。

一番多いのが「キャッシュバックキャンペーン」ですね。2~3万円ほどの金額をキャッシュバックしてくれます。他にも、「初期費用無料」「月額料金割引」「端末代無料」などのお得なキャンペーンがあったりします。

「そんなんできるんなら最初から安くしろよ」と思っているのはここだけの話。やっぱりキャッチーなフレーズがトップページにドーンと書かれてあると惹かれてしまいますもんね。

支払い方法が違う

プロバイダによっては「口座振替」「クレジットカード払い」の2種類の支払い方法が選べるところと、「クレジットカード払い」の1種類だけしか選べないところがあります。

後者のプロバイダでは、必然的にクレジットカードを持っていない人はWiMAXを契約できません。せっかく「ここのWiMAXで契約しよう!」と思ってプランを選んだり、住所を入力したりと申し込みページを長々進めていったのに、最後に「お支払方法をご選択ください:クレジットカード情報を入力してください。」...

 

......「はぁ!?」

ってなりますよね。クレジット払いしかできないなら「最初に言えやw」って私なら思います。

こんなケースにもなりかねないので、クレジットカード払いができない方は「このプロバイダいいな」と思っても、まず最初に支払い方法を確認することをオススメします。検索窓に「〇〇WiMAX 支払い方法」とかで調べてもいいですし、そのプロバイダの申し込みページで適当に情報をバババっと入力して支払い方法を選ぶページまで進んで確認してもいいと思います。ただその適当な情報では契約しないでくださいね。

契約期間が違う

WiMAXの契約期間は、だいたいどこのプロバイダも2年3年が一般的です。UQWiMAXは4年まで契約できたりします。契約時の申し込みページから選べるので好きな期間を選びましょう。

ただ、WiMAXの機能に「ハイスピードプラスエリアモード」というものがあるんですけど、それが2年契約の場合は課金制の場合が多いです。使用した月の料金に1000円ちょっと加算されます。3年プランの場合は、契約期間が1年延びるだけでハイスピードプラスエリアモードの使用が無料になるのが一般的です。

サポートオプションが違う

サポートオプションというのは任意で選べるものなのですが、「月額〇円払ってくれたらこんなサービスを追加しますよ」というものです。もちろんその内容はプロバイダごとに違ってくるのですが、例えば「端末補償」だったり「ウイルス対策ソフト」だったりと、様々です。

サポートオプションに関してはUQWiMAXが種類が豊富で圧倒的に優れています。

さすが本家といったところです。

問い合わせ時の対応が違う

これはTwitterなどの口コミを見ればよくわかるのですが、問い合わせで電話をかけた時に、その電話をとったサポートの人間の対応に良し悪しがあるということです。

「〇〇WiMAXの対応マジクソだわ」

「さんざんたらい回しにされたあげく問題解決できてない」

「混み合ってるとかで電話繋がんねえし」

言い回しはそれっぽく私が考えましたが、悪く言われている時はだいたいこんな感じです。BroadWiMAXもこんな感じで悪い口コミが多いです。みんなどんな内容で問い合わせをしているかはわかりませんが、私は問い合わせをしたことがないのでまだわかりません。

WiMAXってそんなに難しい機械じゃないのでつまずくことはありませんでしたけどね。

もちろん、どのプロバイダも悪い対応だけでなく、良い対応もあることは理解しておいてくださいね。相手は人間なので、人によっては対応がヘタクソな人だっています。それで「このプロバイダが悪い」となるのはしょうがないですけど、その反面で良い対応してる人だっているということも忘れないようにしておきたいですね。

まとめ

私なりにプロバイダの違いについて解説させていただきましたが、いかがだったでしょうか?

いろいろ言いましたが、わかりやすくイメージするならば「iPhone」のような感じです。同じiPhoneでも、au・softbank・docomoなどいろんなキャリアが取り扱っていますよね?考え方としてはそれと同じです。そこで、各々が他のプロバイダに負けないように、自分たちの特色を出すように、「〇万円キャッシュバック!」「初期費用無料!」などの他とは異なるお得なサービスを提供しているというわけです。

これから契約しようかなと考えている方は、その特色が「いかに自分に合っているか」を見て判断してから契約に臨みましょう。

先ほども言った通り、サービスはプロバイダによって変わるので良し悪しはありますが、「WiMAX」という商品は本当に良い商品なので、きっとあなたの生活を快適にしてくれると思います。

今回の記事が少しでも役に立てれば幸いです。

-他プロバイダとの比較

Copyright© BroadWiMAX評価!実際に使用した感想やメリットをご紹介 , 2020 AllRights Reserved.