WiMAXはプロバイダによってウン万円の費用が変わる!上手な人とヘタクソな人の選び方の違い

更新日:

WiMAXを取り扱っているプロバイダは数多く存在します。

その中からいろんな情報に左右されながらも、やっとこさ選んだところで契約するわけですが、ちょっと待ってください。

本当にそこで後悔しませんか?

この記事では、初めての方に向けた「WiMAXプロバイダの正しい選び方」についてお話したいと思います。

そもそもプロバイダってなに?

せんせー!ぷろばいだって何ですか?

プロバイダというのは、googleで検索すると

「インターネットへの接続サービスを提供する事業者」

と出てきます。もちろんその意味であっているのですが、WiMAXにおいては「UQ WiMAXから回線を借りて、自社のブランドとして提供している事業者」を意味します。

難しくいうと「MVNO=Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)」なんて呼ばれたりもします。

プロバイダ一覧

UQ WiMAXがMVNOとして挙げている会社はこの18社で全てです。一つの会社が複数のプロバイダを運営しているなんてこともありますので、プロバイダの数で言うと20を超えてきます。

これだけの数があるとさすがに悩むね。
どこにすればいいのー!

プロバイダ選びで絶対にやってはいけないこと

WiMAXのプロバイダは先ほども言った通り、数が多いです。2、3ならともかく、10や15もあると、こういう考えをする人が出てくると思います。

「めんどくさいからどこでもいいや。」

これは言うまでもなくNG行動ですが、こうしてきちんと情報を調べている時点であなたには当てはまらない行動ですね。

本当に多いのは、何も調べずに決める人よりも、ザーッとホームページを流し読みして契約をしてしまう人です。

キャンペーンでいくら割引だとか、キャッシュバックがもらえるだとか、おいしい言葉だけに引っかかって、後から「解約金が高い!詐欺だ!」なんて言う人をTwitterの口コミでいつも目にします。

違うんですよ。全部ホームページに載ってることなんですよ。

要するに、適当に決めると痛い目をみるので必ず下調べをするようにということです。

読むの苦手だけどそういうことなら頑張らないとだね!

プロバイダ選びで重要視するポイント

では、プロバイダ選びにおいて大切なことは何なのでしょうか?私なりに考えるのは以下の3点です。

  • なるべく低コストであること
  • ホームページが作り込まれていること
  • 2年契約ができるかどうか

なるべく低コストであること

言うまでもありませんが、WiMAXを使い続けるためには月額料金を払わないといけません。そのため、少しでも安いところで契約したいというのは皆同じだと思います。

ですが、ただ安ければそれでいいのかと言いますと、そうとも言い切れません。安いところには安いなりの、高いところには高いなりの理由がきちんと存在するからです。

安すぎるところはチャチそうなイメージがあるなぁ。
かといってお高いところは手が出ないよね。

「安かろう悪かろう」という言葉がある通り、確かに安ければ安いほどサポートやサービスの質は低い傾向にあります。ですので、"なるべく"低コストなところがいいということで、目安としては月額料金が4000円を切っているプロバイダがオススメです。

また、月にいくらかも重要ですが、契約期間が終わるまでの2年もしくは3年間のトータルを計算してみることが一つのコツです。「月々はそこまで安くないのに、トータルしてみるとこっちの方が安かった!」なんてこともよくあります。

月額料金が安いプロバイダ3選

So-netWiMAX
BroadWiMAX
3WiMAX

ホームページが作り込まれていること

WiMAXでは、ほとんどのプロバイダが店舗を持たずネット上だけでユーザーとの契約を交わしています。

言うなればホームページが店舗みたいなものですね。

そんな重要な役割を持つホームページは、やはり地味なデザインよりも明るく華やかな雰囲気の方がいいですよね。

また、綺麗なデザインだけでなく記載されてある内容も、イラストなんかを交えてわかりやすくまとめてあると読みやすいですし、端末の性能や注意事項など、情報量が多いホームページは候補に入れておくべきだと思います。

しっかりと手を加えてあるサイトは、それだけで信用に値します。

可愛いサイトだとそれだけで買いたくなっちゃうね!
ちゃんと内容も読まないとだぞ。

ホームページが美しいプロバイダ3選

UQ WiMAX
BroadWiMAX
Nifty WiMax

2年契約ができるかどうか

数年前までは「WiMAXは2年契約が当たり前」と言わんばかりに、どこのプロバイダでも契約期間は2年が主流でした。

ですが、ここ最近では3年や4年プランを導入するプロバイダが増えており、あろうことか2年を捨てて3年オンリーに路線変更したプロバイダだってありました。私が契約しているブロードワイマックスがそうなんですけどね。

そんな3年・4年プランにもメリットがあり、2年プランでは課金制の「ハイスピードプラスエリアモード」が無料で使えるというお得なシステムになっていますが、やはり初めての方は無難に一番短い2年契約をしておくことをお勧めします。

万が一そのプロバイダが嫌になることもあるからね。
「あと1年!」「あと2年!」じゃ全然違うもんね!

まとめ

いかがでしたか?少しでもプロバイダ選びの参考になれば幸いです。

「今すぐにでも欲しい!」と思っている方がいれば、少し踏みとどまってもう少し情報をインプットしましょう。決して安い買い物ではないので焦りは禁物です。

私の契約しているブロードワイマックスに関してなら、当サイトでレビューしていますのでよければ参考にしていってください。

-WiMAX基礎知識

Copyright© BroadWiMAX評価!実際に使用した感想やメリットをご紹介 , 2020 AllRights Reserved.