BroadWiMAXの解約金(違約金)はいくらなのか?払わずに済む方法もご紹介!

更新日:

ブロードワイマックスでは、業界最安級の月額料金や端末代金無料など、なんといっても「安さ」が魅力のWiMAXプロバイダですが、その反面、契約解除料やキャンペーン違約金が発生することもあったりします。

どのプロバイダもこういった解約金は付き物ですが、事前に把握しておくことで「知らなかった」と後悔することもないでしょうし、何といっても解約金(違約金)を支払わずに済む方法だってあります。

そこで今回は、ブロードワイマックスに存在する解約金や違約金についてと、それらを支払わずに済む上手な利用方法をご紹介します。契約がこれからという方には必見です。

BroadWiMAXの契約解除料(解約金)

1年目
(契約開始月~12ヶ月目)
19,000円
2年目
(13ヶ月目~24ヶ月目)
14,000円
更新月 0円
3年目以降
(26ヶ月目以降)
9,500円

契約解除料とは、読んで字のごとく契約を解除する時に発生する料金のことです。一般的に「解約金」と呼ばれるものですね。

ご覧の通り、ブロードワイマックスの解約金は、1年ごとに下がりはするものの結構高いんですよね。ただ、唯一解約金を支払わずに済むタイミングが更新月になります。

更新月というのは、2年もしくは3年でブロードワイマックスの契約が終わって、次の契約へと自動更新される月のことです。ブロードワイマックスは自動更新が基本なので、契約期間が終了しても何も連絡しなければ再び契約がスタートします。

何年も使い続ける人には楽で助かるシステムですけどね。

例えば2年プランだと、更新月は「25ヶ月目・49ヶ月目・73ヶ月目」と言った具合です。

「初期費用0円!Web割キャンペーン」違約金

ブロードワイマックスのキャンペーンの1つに「初期費用0円!Web割キャンペーン」というものがあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、これは条件を満たせば初期費用18,857円が無料になるというお得なキャンペーンになっています。

ですが、このWeb割キャンペーンには1つ注意点がありまして、このキャンペーンを適用後、2年以内にWiMAX回線を解約するとキャンぺーン違約金として別途9,500円が請求されます。

ポジティブに考えれば、仮に解約時に9,500円を支払うことになっても、初期費用のうちの半分くらいの額なので、全額支払うのに比べたら結果9,000円ほどはお得です。

契約解除料も違約金も払わずに済む方法

では、契約解除料とキャンペーン違約金を支払わずに、最後までお得に利用するにはどうすればいいのか?これは単純かつ誰にでもできる方法です。

その方法とは、2年(3年契約の場合は3年)丁度で解約すること。

たったこれだけです。契約解除料も契約期間の節目の更新月だけ無料で、キャンペーン違約金も2年経てば発生しないのであれば、2年ピッタリで解約すれば余計なお金を支払わずに解約することができます。

極論ですが、もうひとつ方法があるとすればそれは解約しないことですかね。(笑)

ブロードワイマックスをずっと使い続けたいという意思があって、解約する気がないのであれば契約解除料も違約金も払うことはありません。仮に長年使ったあとに解約するとしても、更新月は2年もしくは3年おきに来るので、先ほど同様0円で解約する機会はあります。

まとめ

このように、ブロードワイマックスでは長く使うほどお得になってきます。

解約しても端末や周辺機器の返送もしなくていいですし、それに関する違約金もありません。

SNSの口コミを見ると、解約金に対して「高すぎる」「ぼったくり」「詐欺だ」などという批判もあり、私も正直高いなとは思いましたが、ブロードワイマックス側の立場で考えると「せっかくお金や手間暇かけてWiMAXを提供しているのに、すぐに解約されちゃあ溜まったもんじゃないな」となるので、結局この料金も妥当じゃないでしょうか。

メリットデメリットは様々ですが、ブロードワイマックスは本当に良い商品、サービスだと感じているので、これからも使い続けていこうと思います。

今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。

-少しでも安く利用する方法

Copyright© BroadWiMAX評価!実際に使用した感想やメリットをご紹介 , 2020 AllRights Reserved.